未分類

今からでも間に合う?海に行く前にVライン脱毛

投稿日:2017年3月23日 更新日:

海に行く予定がありますか。あるのならば、早いうちから脱毛を始めましょう。

特に、サロンへ行く場合はそうです。一度の施術で終わりというわけではありません。たいていの場合は、何回かサロンへ通うことになります。

Vライン脱毛をはじめるのはいつ頃がいい?

毛周期や体調と合わせてスケジュールを立てよう

予約を入れることを考えても早い段階から通い始めておいたほうが良いでしょう。ムダ毛を処理すると言っても、サロンではより効果的に脱毛できるように毛周期に合わせて施術しています。

また、生理時期には施術を行わないほうが良いので余裕を持って通い始めたほうが良いというわけです。生理中には施術を断るサロンが多いので、冬の間から通い始めるくらいのほうが良いでしょう。

水着を着るならVラインに注意

水着を着る場合は、全身のムダ毛を処理しておかなくてはならないでしょう。

水着からアンダーヘアが覗かないようにしなくてはなりません。それぞれのパーツごとに施術をするとなると、それなりに時間はかかりますが、Vラインだけでも施術しておくと安心です。

Vライン脱毛は、早めの準備が必要

そして、何度もサロンへ通わなくてはなりません。早いうちから通い始めていれば、海へ行くときには全身脱毛が終了しているでしょう。

夏直前から通い始めると大事な時には、まだ施術が終わっていないと言うことにもなりかねません。

好きな水着を着て海へ行くために予定を立てませんか。

Vライン脱毛の効果を得るのに必要な回数と施術料

Vラインの脱毛の効果

可愛い下着を身につけても、ショーツの端からムダ毛がはみだしてしまっては、可愛さも半減してしまいます。そのため、下着をきれいに着こなすために、Vライン脱毛を行う人が増えています。

また、衛生的にも清潔にできるという利点もあります。

Vライン脱毛は何回目から効果が表れる?

Vライン脱毛は、1回で効果が現れるわけではなく、毛周期に合わせて1か月半から2か月に1度の頻度で継続して行う必要があります。

一般的には、4回目ぐらいから、毛が薄くなってきたという実感が得られるようになり、6回から10回で太い毛がなくなり、生えているのが産毛のような細い毛だけになります。

完璧なVラインになるなら12回以上

さらに、ツルツルの状態になるには、12回から18回の施術が必要となります。一人一人、毛質や密集度が違うので、効果を実感できる回数は違います。

Vライン脱毛はキャンペーン比較でお得にできる

Vライン脱毛の施術料は、6回コースで1万5千円から2万円、12回コースで4万円前後が相場となっています。

しかし、6回コースや12回コースで希望通りの仕上がりにならなかったときは、1回ごとの施術料を払って、脱毛を継続することになります。

キャンペーンを利用すると、さらに安く脱毛をできる場合があるので、色々なサロンの施術料を比較してみるとよいでしょう。

Vライン脱毛は毛周期に合わせて施術しアフターケアは念入りに

毛周期は1カ月半~2か月

どこの部位でも同じですが、一度の脱毛施術ではムダ毛はなくなりません。ムダ毛は順番に生え変わっており、肌の上に生え出ているムダ毛は全体の一部です。

生え変わり周期は1カ月半から2か月なので、毛周期に合わせて施術することが大切なのです。

全てのムダ毛をなくすには、毛周期にあわせて5回か6回の施術が必要です。早くムダ毛をなくしたいと思っても無理なので、計画的に施術を受けなければなりません。

Vライン脱毛の特徴

得に女性であれば、夏に大胆な水着を着たいから、また温泉旅行に行きたいから、などの理由でVライン脱毛をしたいという希望が多いのです。

間に合うように早くから脱毛計画を立てることが大切です。Vラインは皮膚が薄い部分ですし黒ずみもあります。

トラブルを起こしやすいVライン

脱毛はメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えるので、黒ずみがあれば皮膚に刺激が起こりやすいのです。赤みやはれなどの副反応が起こりやすい部位なので、Vライン脱毛は慎重に行うことが大切です。

Vライン脱毛のアフターケア

また、念入りなアフターケアも必要です。施術後の敏感になっている状態に下着が擦れると一層肌を傷めてしまいます。施術後しばらくは、締め付けない下着を選ぶ、またしっかりと保湿するというアフターケアを徹底することです。

Vラインとうなじの脱毛でセクシー美人に

あたたかな春・夏になると、薄着のファッションが増え、肌を露出する機会も増えてきます。

おしゃれな水着や薄いキャミソールを着ていても、足の付け根からアンダーヘアがはみ出していたり、うなじにたくさんの産毛が生えていたのでは、みっともない姿に映ってしまいます。

肌を美しく手入れしておくことは、お洒落を楽しむためにとても重要です。水着や浴衣など、薄手の春夏ファッションを着こなすためにも、ぜひVラインやうなじの脱毛を行いましょう。

肌に負担をかけずに処理したいなら脱毛がおすすめ

Vライン脱毛とは、ビキニラインの両サイドに沿った範囲の脱毛をさします。アンダーヘアが多い場合や小さい面積の下着や水着を身につけると、両足付け根のラインからアンダーヘアがはみ出してしまうことがあります。

そのため、この部分の毛をなくすことで、見た目を美しく整えます。Vラインの毛は、硬い毛が多く、頑固です。

自己処理を行う場合、剃刀などで行ってしまうとカットされた毛の先端が鋭利になって、チクチクしたり、伸びるのが早いので下着の上に飛び出してしまうこともあります。

また、自己処理を繰り返すことで肌にダメージが蓄積され、黒ずみの原因になってしまうことも少なくありません。

Vラインの脱毛は、肌になるべく負担をかけずにアンダーヘアを整えることができます。通気性もよくなるので生理のときの不快な蒸れや臭いも軽減することができ、衛生的です。

 

当サイトでは、これから始めたい方へVライン脱毛が出来るおすすめのサロン情報を公開しています。

今流行りのVライン脱毛を徹底分析!おすすめサロン一覧をチェック

脱毛時に打ち漏れが見つかった場合の対処法

毛の成長期に合わせて毛乳頭にダメージを与える特殊な光を当てることで脱毛を行ってくれるエステサロンや美容皮膚科ですが、まれに打ち漏れと言う現象が発生することがあります。

通常、光を当てた部位に生えている毛は、二週間くらいすると自然に抜け落ちてしまいます。この時に光が充分当たっていないと、毛がいつまでも抜けません。

手入れしたはずの部位に変化が現れないので、見分けることはとても簡単です。ただ、脱毛の効果が出てくるまでに二週間はどうしてもかかるので、すぐに毛が抜けないからと言って、打ち漏れがあったと思いこまないようにしましょう。

打ち漏れのリスクを考えたサロン選びをしましょう

打ち漏れは、身体の中でも光が当たりにくい、影になってしまうところがあると発生しやすい傾向があります。直接施術にあたってくれるスタッフの実銀研修や教育に力を入れていたり、脱毛に関して一定のレベル以上の高いスキルを持っていることを示す資格を保有してたスタッフが在籍しているところで手入れをすれば、こういったリスクも低下するでしょう。

万が一打ち漏れに遭遇してしまった時に備えて、無料で再照射を行ってくれるところを選んで脱毛してもらうようにすると精神的にも安心です。

-未分類

Copyright© Vライン脱毛におすすめのサロンまとめ , 2017 AllRights Reserved.