未分類

Vラインをサロンで脱毛!剃り残しや仕組みについて

投稿日:2017年4月19日 更新日:

エステサロンやクリニックで脱毛をするときには、事前にムダ毛の自己処理をしてからサロンへ行きます。

ニードル脱毛は、毛を伸ばしたまま、1本1本お手入れをしていきますが、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛は、必ずムダ毛を剃ってから照射を行います。

脱毛前の剃り残しはサロンで対処

Vラインは剃り残ししやすい部位

黒いメラニン色素に光やレーザーが反応するため、しっかりとシェービングしておく必要があるのです。

しかし、自分では剃りにくいゾーンもあります。自分では沿ったつもりでも、サロンやクリニックに行ったら、スタッフに剃り残しを指摘されることもあります。

サロンやクリニックによって異なる剃り残しの処理

この場合、対応は、各サロンやクリニックによって異なります。剃り残しは有料でシェービングしてくれるところもありますし、自分用のへーバーを持参でスタッフがシェービングしてくれる事もあります。

わずかな剃り残しは、特に問題にすることなく、スマートに無料でシェービングしてくれる、良心的なサロンやクリニックもあります。

剃り残しを対応してもらうタイミング

脱毛の照射前には、必ずスタッフが、毛の剃り残しはないかチェックします。うっかり照射してしまうと、やけどの原因になることもあるためです。

シェービングするときには、お客さんに声をかけてくれるので、その時に判断して答えます。

Vライン脱毛のしくみ

Vラインの細かい部位とデザイン

Vラインは、上部と下部、サイドに部位が細かく分かれている場合があります。そのため、好きなデザインで脱毛をすることも可能です。たまご型や細い縦ライン、全剃りなども可能ですので、施術者に相談してみましょう。

デザインの残し方

Vラインの脱毛は、まずデザインを決めた後、そのデザインに合わせてシェービングをしていきます。残したい毛をテープなどで保護し、施術を行なう部位にジェルなどを塗っていき、光やレーザーを当てていきます。

Vライン脱毛の照射後

照射が終了したら、ジェルをとり、お冷やしをします。お肌の沈静化が終わったら、ローションや乳液などでお肌を整えて完了です。

Vライン脱毛の特徴

Vラインは施術範囲が狭いため、短時間で終了します。光やレーザーは、黒い色素に反応するしくみになっているため、お肌を傷つけることなく施術できるのが魅力のひとつとなっています。

Vライン脱毛後、自己処理が楽になる理由

一般的に、Vラインは太く、濃い毛のため、完了までには腕や足などと比べると回数が多くかかる場合がありますが、回数を重ねるごとに、毛は細く、薄くなっていくため、自己処理が楽になっていきます。

サロンは通いやすい場所で選ぼう

毛の周期にあわせて施術を行なうしくみとなっていますので、2ヶ月から3ヶ月に一度、通うことになります。サロンを選ぶ際には、通いやすい場所を選ぶこともポイントです。

毛が多いVラインも脱毛で綺麗になります

Vライン脱毛は後回し?

ムダ毛が多い、太い、濃いという悩みは女性でも多いのです。腕やワキ、ひざ下、鼻下は自分でもよく見えて他人からもよく見られている所です。

まずは身だしなみとして見える所から脱毛施術を受ける人が多いのですが、女性であれば目に見える場所だけでなく、Vラインのムダ毛も少なくしたいという希望があります。

美肌効果も期待できる脱毛

年々脱毛施術が進化してムダ毛が無くなるばかりでなく、美肌効果もあります。ムダ毛のない毛穴の目立たないなめらかな肌になることができ、自信を持つことができ、美意識も高まります。

プロに任せれば痛みが少ない

施術方法によっては、痛みがほとんどなく、低料金で短時間の施術で終了することから、ムダ毛の処理は自分で処理せずにサロンでプロにお任せする人が多くなっています。

あらゆるシーンで自信が持てるVライン脱毛

素敵な下着を着てもムダ毛が多いと台無しです。温泉に入った時には他人の目が気になります。大胆な水着を自信もってきるにもVラインのムダ毛は邪魔なのです。

デリケートゾーンはもともと毛が多い部分です。しかしVラインにまでたくさんのムダ毛が生えているといざというときのおしゃれができません。

Vライン脱毛の注意点

皮膚が薄いので、施術の際には注意が必要ですし、保湿などのアフターケアを念入りにする必要がありますが、脱毛施術で毛が多いVラインも綺麗になります。

抜けないからと言ってVラインを強引に脱毛してはダメ

力任せに作業を行うと、大抵のことは思い通りに事が運びます。瓶の蓋を開ける、固い野菜を包丁で切るなどの動作です。

これが通用するのは、感情のないモノに限ります。たとえば、Vラインの脱毛を強引に行うと痛い目に遭うからです。

剛毛である方が大半を占めるVラインは、セルフ脱毛時に手荒な真似をしても良いと考えてはいけません。

Vラインにも痛覚があるので力任せはNG

末端神経が通っていないとは言え、Vラインにも痛覚が機能しているからです。ムダ毛が抜けないという理由で力任せに脱毛をすると、傷みや皮膚の損傷が長引いてしまいます。

とは言え、強めに脱毛処理をしなければVラインの毛が抜けないのは事実です。優れた道具を用意したところで、素人ができるVラインの処理はたかが知れています。

抜けないものを無理やり処理するのではなく、肌を保護しつつ確実にムダ毛を消し去る方法を考えるべきです。

ムダ毛処理はサロンのプロに委ねましょう

セルフ脱毛に執着するのは諦め、サロンで処理してもらう方法を検討するのが最適です。どんなに抜けないと言われているVラインも、特殊な機械で瞬く間に処理してもらえます。

一度でもサロンの施術を経験すると、セルフの苦労が無駄に思えること間違いなしです。専門的な知識と経験がある人物に、ムダ毛処理を委ねることが一番の解決策というわけです。

 

当サイトにて、料金も仕上がりも満足できるVライン脱毛のサロンをランク付けしているので参考にしてください。

絶対満足できるVライン脱毛サロンランキングを見る

脱毛をラインでするメリット

今からの時期、ビキニや肌を露出する機会が増えるため、脱毛を考えている人も多いと思います。海へ行くとき水着になるときにラインが気になりますよね。ラインの脱毛は人に見られるからという理由だけではなく、たくさんのメリットがあります。

まずは、下着が蒸れにくくなるというメリットがあります。また、生理との時のおりものが下着につかなくなったという利点もあります。衛生面で考えても、たくさんの利点があるわけです。

ラインの脱毛は専門の機関でするのがおすすめ

施術するのに恥ずかしいということが、少しデメリットかもしれません。しかし、ラインの脱毛はとても難しいので、自分でやることは避けましょう。

こちらを考えている方は、必ず専門の機関でやることがおすすめです。やけどするのではとか、色素沈着が気になる方などがいらっしゃいますが、今の技術ではそうなることはまず考えられません。専門の機関に一度相談することが好ましいかといえます。

ラインの形を事前に相談できて安心

そして、ラインにも色々な種類があって、形を事前に自分で決めることができます。脱毛したら一生毛が生えてこないので、しっかりと事前に相談して、形を決める必要があります。あとで、もっとこの辺の毛があった方が良かったと思っても、取り戻すことができないため、注意が必要です。

また、料金も気になるところですが、その場所によって違ってくるので、しっかり調べたうえでの施術をしましょう。高い料金を取る業者もいるので、しっかりとした専門機関で施術さえることをお勧めします。

-未分類

Copyright© Vライン脱毛におすすめのサロンまとめ , 2017 AllRights Reserved.