未分類

プールの前にVラインの処理を!未成年の脱毛や種類

投稿日:2017年4月12日 更新日:

学生は夏になると体育の授業のプログラムとしてプールでの水泳をしなくてはなりません。

しかし、学生のうちはホルモンバランスが不安定だったり、人の目が特に気になってしまうという時期でもありますので、プールに入りたくなかったりするという人がとても多いのです。

そんなときは当サイトおすすめのVライン脱毛サロンに通って自信をつけましょう。

未成年者の脱毛について

Vラインが気になる年齢

Vラインが生える年齢になってくると、プールの授業で体毛のことをからかわれてしまったり、つるつるな肌に強い憧れを持っているという人が多くなる年齢です。

学生に多い自己処理のトラブル

しかし間違った自己処理方法でVラインの処理をしてしまうことによって、肌荒れを起こしてしまったり、赤くブツブツになって腫れあがってしまうということもありますので、注意が必要なのです。

未成年の場合は、自己処理よりも皮膚科などで脱毛をしてもらった方が肌をキレイに保つことができますし、ムダ毛も気にならなくなりますので、保護者とよく相談することが大切になります。

保護者の同意が必要

未成年の脱毛は保護者の同意が必要になりますので、エステで施術してもらうにしろ、皮膚科に通うにしろ、保護者に自分の気持ちを話さなくてはならないのです。

最近では保護者と向き合って話をするという機会が減ってきていますので、こういった機械を最大限に利用して自分の気持ちを理解してもらうということが大切なのです。

Vライン脱毛でできるデザインの種類

自分に合ったデザインにできるVライン

Vライン脱毛は好きな形でデザインするのが基本ですが、ハイジニーナでは全ての毛を処理します。国内ではハイジニーナではなくVラインの毛を残しデザインするケースが多いと言えます。

デザインには色々な種類がありますが、毛の量や生えている範囲によっても違いますしもちろん体型によってもマッチするデザインは異なります。

Vライン脱毛のデザインは約6種類

本人の好みもありますので自由なデザインで処理するのがおすすめです。

Vライン脱毛のデザインには大きく分けて6種類程度がありますが、一般的には逆算角形やI型、無毛型のハイジニーナとなります。オーバル形もありますしI型や逆算角形では太さによってもデザインが変わります。

水着でもはみ出ない細めのデザイン

好みもありますが水着を重視する場合には、はみ出さないように細めのデザインを選択するのが無難です。施術方法にはサロンの光脱毛とクリニックの医療レーザーがありますが、効果の高さで言えば医療レーザーが優れています。

クリニックとサロンの違い

永久脱毛はクリニックの医療レーザーだけですから、サロンの施術では確実性が薄くなります。医療レーザでは痛みが強くなりますが、特にVラインなどのアンダーヘアは強くなる傾向があります。

もちろん個人差があるため痛みを感じにくい人もいます。

毛が太いVラインの脱毛について

近年では、日本人の間でもVラインのような毛が太いエリアの脱毛をすることが当たり前のようになってきています。

クリニックやサロンなどでも、お安いキャンペーンが利用できたり、誰でも気軽にVラインの処理をするようになったのではないでしょうか。

普段は服で隠している部分ではありますが、水着を着たい方は気になるものでしょう。また、エチケットとしてもVラインの脱毛は必要だといえるのです。

自己処理で起こりうるムレやニオイ

毛が太いことに悩まされ、カミソリなどの自己処理で対処している方も多いでしょう。

この方法は簡単ではありますが、肌を傷つけやすいので、考え直した方がいいかもしれません。

しかし、毛を生やしっぱなしでも、ムレてきたり、ニオイが気になってしまう方もいるでしょう。月経などがあるときは、ニオイもこもりやすく特にそうだと思われます。

Vラインはプロに任せたほうが安全

このようなことからも、Vラインは脱毛機関による脱毛がいいといえるのです。肌トラブルを起こさないためにも専門のスタッフと脱毛機が備えられているところで処理していくようにしましょう。

つるつるにするのか、どの程度毛を残したいかも相談して進めて行きましょう。体の中でも特にデリケートな部位なので、慎重にケアしていきたいものです。

Vラインの脱毛は未成年でもできるか

女性は何歳でも美しくなりたいと思うものです。十代の少女でもその思いは同じこと。同時に、ムダ毛などが生え始めると羞恥心などが芽生える難しい時期でもあります。

特にVラインなどアンダーヘアは大人の女性では当然のことですが、一斉に生えるものでもないため、成長の早い女子では必要以上に気にしてしまうということがあるかもしれません。

未成年が脱毛するには保護者の同意が必要で効果も出にくい

また、以前と比べ考え方も大人になっている未成年のなかには永久脱毛などに興味があることもあります。しかし、未成年がエステサロンなどに行くことには保護者の同意が必要であるか、脱毛そのものを受け付けていないところが多くあります。

成長期の毛根はまだ活発に活動している時期であり、ホルモンのバランスも一定でないため脱毛の効果が出にくいことが分かっています。料金も決して安いものではないので、無駄にしないためにも成人になってからの施術が推奨されています。

脱毛自体はそんなに危険なものじゃないということも知っておこう

若い一時はいろいろなことが大きな悩みにつながってしまうこともあるので、どうしてもという場合だけ保護者の同意があれば脱毛そのものは危険なことはありません。1111

欧米の裕福層では娘の成人を祝ってVラインの脱毛をプレゼントすることもあるそうです。それまでは形を整えるなどの方法でVラインを美しく保つことを教えてあげるのもよい方法であるかもしれません。

nplは早い脱毛の効果が期待できます

nplはニューパルスライトの略語で広範囲に弱めの光エネルギーを当てる脱毛法です。毛根より上にある毛包を目標に照射し、従来の毛根のメラニン色素を狙う施術より広範囲にわたり連続照射ができるので脱毛スピードが速いのが特徴です。

全身脱毛も従来の施術法では150分かかるところが40分ほどで終了しますので心や体の負担が少なくて済みます。nplによる脱毛はほんのり温かみを感じる程度の刺激で、やけどの危険性はなく従来の方式の輪ゴムをはじかれた時のような痛みは感じません。

nplは毛周期を気にせず施術を受けられる

nplは毛包をターゲットとするため毛周期や毛の色、産毛、剛毛など区別なく施術が可能です。毛周期を気にせず施術できるので1か月間隔で施術を受けて頂けます。

また、嬉しい副次効果もあります。nplの照射後、肌のターンオーバーを促します。しみやくすみに良い効果をもたらします。さらにコラーゲンの生成をも促しますので、肌の張りや毛穴の引き締めにも作用します。また脂肪細胞の膨張や乳腺刺激による女性ホルモンの分泌にも効果があります。

施術時間も短くて、肌への負担が少ないのが特徴

施術時間も短く、痛みややけどの危険性がないので初めての方でも安心して施術を受けることができます。無理な自己処理は痛みや肌を傷つけてしまう危険性があります。

プロの高い技術による最新機器を用いた施術は長時間にわたる苦痛や肌へのダメージを心配する必要がありません。ムダ毛のない美しい素肌を手に入れるためお近くのサロンでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

-未分類

Copyright© Vライン脱毛におすすめのサロンまとめ , 2017 AllRights Reserved.