未分類

Vライン脱毛の施術前にはほくろを除去しよう

投稿日:2017年4月1日 更新日:

脱毛サロンに行って光脱毛をしたことのある人もいるでしょう。その際に、脱毛したい皮膚にほくろがある場合は注意が必要です。

Vライン脱毛の施術とほくろ

何故なら、サロンで照射される光は、黒い部分に反応する性質をもっています。そのため、黒いムダ毛があるとその色に反応してムダ毛の処理を行うようになっています。

ところが、最初から皮膚に大きなほくろがあったりすると、ムダ毛の処理をするのに邪魔になります。

これは、ほくろだけでなくアザやシミがある時も同様です。通常は、そうした皮膚には光を照射しないことになっています。

ほくろに照射するとどうなるの?

もし、そんな部分に光を照射してしまうとお肌が傷つく原因になってしまうからです。何と、光を照射した皮膚が肌トラブルに見舞われるだけでなく、ガンの原因にもなる場合があるといわれています。

ですから、ほくろがある皮膚に光脱毛を行いたいなら、まず美容クリニックに行ってそれを除去するようにしてください。

ちょっとした事前準備で、自分の肌を守る

その後、ムダ毛の処理をするようにすれば問題はないということになります。怖い肌トラブルは、あなた次第でしっかりと防ぐことができるのです。

ちょっとした工夫で、自分のお肌を肌トラブルやガン細胞などから守ることができます。自分のお肌を守るのは、自分だけができることなのだということを忘れないようにしましょう。

Vラインのセルフ脱毛は色素沈着のもと

夏になって水着を着る機会が増えると、肌の露出も増えていきます。そのため、体にあるムダ毛はきれいに処理して、美しい肌でお洒落を楽しみたいものです。どんなに手足をつるつるに美しく整えていても、水着の脚の付け根からアンダーヘアがはみ出していては台無し。

Vライン脱毛と色素沈着

Vライン脱毛を行って、どこから見ても美しい自分になりましょう。しかし、Vライン脱毛は自分で処理を行うと、色素沈着を招く危険があります。

カミソリなどの摩擦によって刺激を受けた肌は、防御反応として角質を厚くしようとしたり、メラニンを生成して内部を守ろうとする働きが盛んになります。これが、黒ずみの原因である色素沈着です。

自己処理でのVライン脱毛は避ける

Vラインの毛は硬く頑固で、伸びるのも早いため、自己処理での脱毛では、頻繁に剃刀を使ってしまいがちです。

カミソリや毛抜きによる肌への負担は大きく、赤く炎症を起こしてしまうことも。色素沈着を予防・解消するためには、まず自己処理による脱毛を避けます。

Vライン脱毛後のケア

そして、必要に応じて皮膚科の治療を受けたり、効果のあるクリームやローションで根気よくケアを行いましょう。サロンで脱毛の施術を受けた後も、肌は多少のダメージを受けているため、紫外線からの刺激を避けて、擦ったり掻いたりしないように気をつけましょう。

Vライン脱毛と毛周期について

ワキとVラインを脱毛するのは基本?

ここ最近、ワキとVライン脱毛の施術を希望する方が増えています。いまでは、一般的なお手入れとなっているようです。

個人差はありますが、Vラインは、他の部位に比べると毛の量や質も違うため、脱毛範囲は狭くても他の部位よりも回数や期間がかかる部位です。

Vライン脱毛で必要な回数の目安

永久脱毛までには、毛周期に合わせて脱毛していくため、医療レーザーでは5~8回、エステサロンでは20回前後が目安と言われています。もちろん、個人差もありますので、一般的な目安のひとつだと思ってください。

生理中の施術はNG

またVラインは、生理中の施術は、肌も通常よりもデリケートになっているため、肌トラブルをさける意味もあり、施術NGになっております。

ツルツルになりたい時期に合わせて脱毛をスタート

毛周期に合わせて、2~3ヶ月の周期で施術を行っていくと、永久脱毛が完了するまでには、かなり長い期間がかかります。

もちろん、完全にツルツルな状態までにかかる期間の事ですが、もし夏までにとお手入れをしておきたいとお考えの方は、毛周期の事も考慮して、早めに始めるのが、おすすめです。

Vライン脱毛は自分に合った方法で

医療レーザー、エステサロン、それぞれに特徴があり、医療レーザーは、費用はやや高めですが、回数が少なくすみますし、エステサロンで費用が安く回数無制限のところもあります。しかし、反面、回数が多く、期間も長くなります。

それぞれの特徴を理解して、ご自分にあって方法を選ぶと良いでしょう。

Vラインと足の毛の脱毛はサロンで

Vラインに生えているムダ毛が多すぎるので、もう少し減らしたいと思っている方があれば、脱毛サロンで処理してもらうことをおすすめします。

サロンには性能の高い脱毛マシンがあり、それをVラインに使えば、あっという間に綺麗でツルツルの肌になれますから、キャンペーン期間中に申し込んで試してみると良いでしょう。

キャンペーンの利用で仕上がりをみてみよう

Vラインの脱毛キャンペーンを利用すると、通常よりもかなり安い料金で施術を受けられますから、もしそのサロンでの仕上がりに納得出来たら、今度は別の個所にチャレンジしてみてください。

たとえば足の毛が多いことに悩んでいるなら、足脱毛の契約をするようにしましょう。足の毛をカミソリで剃っている方もありますが、脱毛マシンのようには綺麗に取り除けないので、サロンに任せた方が安心です。

水着も下着も堂々と着こなしたいならVライン脱毛は必須

カミソリで剃った後に湿疹がたくさん出来ると、見た目が悪くなりますが、サロンで施術を受ければ、肌を傷つけることなく、ムダ毛だけを取り除くことが出来ます。

Vラインと足の毛がなくなると、どんな水着も下着も堂々と着こなせるようになるので、まずは申し込みから始めるようにしましょう。

当サイトでは実績のあるサロンを紹介していますので、そちらからサロンを選ぶことをお勧めします。

実績があって安心!流行りのVライン脱毛サロンで選ぶ

毛深い身体を綺麗に見せるために脱毛は必要

どれだけムダ毛を剃っていても、毛を剃った跡が目立ってしまい困っている方々は、一度はムダ毛を抜く事を考えてみてください。

ただし自力でムダ毛を抜くのではなく、エステティックTBCや湘南美容外科など、有名な場所に施術を依頼しておく事をおすすめします。身体が毛深いという悩みを抱えている方々は、ピンセットや粘着テープなどでムダ毛を抜いていても、全体的に肌を綺麗にするのは難しいです。

一度は綺麗に毛を抜いたと思っても、毛が伸びてくると青ヒゲのように短い毛が大量に目立ってしまい、余計に肌が汚く見られる事になりかねません。

脱毛のプロの技術力に任せておけば、再び毛が生えてきたとしても細い毛になっていたり、毛が二度と生えてこなくて驚かされる事も珍しくないです。

皮膚にダメージを与えてしまう前に脱毛サロンやクリニックへ

カミソリや粘着テープなどを使ってムダ毛を処理していると、皮膚にダメージが蓄積してしまい、気付いたら皮膚にシミが増えてしまう場合もあります。

毛深い体質をしている人ほど、何度も皮膚に刺激を与える事になるので注意が必要です。シェービングクリームなどを使っていても、皮膚に加わる刺激が完全に無くなるわけではないので気を付けてください。

脱毛サロンやクリニックで行ってもらえる施術は、毛穴の中にある毛母細胞にだけダメージを与えるように工夫してもらえます。皮膚に対するダメージが蓄積する可能性は低いと考えて、プロの技術力を活用してみてください。短期間で多くの毛を抜く事ができるという点でも、毛深い体質をしている方々にぴったりです。

-未分類

Copyright© Vライン脱毛におすすめのサロンまとめ , 2017 AllRights Reserved.