未分類

Vライン脱毛のクーリングオフとお店の選び方

投稿日:2017年4月7日 更新日:

サロンで脱毛を行う場合は条件を満たしていればクーリングオフを利用できます。

脱毛は長期間になるため、契約期間によって対象外になることは少ないですが、キャンペーンなどで格安のコースを利用していると費用の制限にかかってしまうことがあります。

クーリングオフの流れ

クーリングオフの手続きは早めに

クーリングオフは、8日以内に手続きしなければならないので、遅れないように注意します。クーリングオフの手続きは、契約した店舗に書簡で解約することを伝えれば良いだけです。書簡の消印が手続きを行うまでの期間に適用されます。

脱毛サロンにおけるクーリングオフの条件

脱毛サロンなどの利用条件は、契約してから8日以内であり、1か月以上の契約で費用が5万円以上になっています。

内容証明郵便や簡易書留などで、送ったことを証明できるようにしておくと良いです。

お店によっては解約料がタダ

前述の条件を満たしていない場合は中途解約になりますが、店舗によっては手数料なしで解約できることがあります。

手数料が必要な場合も法律で上限が決められているので、高額の手数料を請求されることはありません。

まだ利用していなければ2万円、利用していれば利用した料金と、2万円か残金の10%の低い方の合計が上限になります。

医療機関のVライン脱毛

また、医療機関はクーリングオフが適用できないので注意します。

途中解約もできないこともあるため、医療機関を利用する場合は途中解約について確認が必要です。

Vライン脱毛のメリットと安い料金について

Vライン脱毛のメリット

近ごろでは、むだ毛のない美しい肌を目指して努力している女性たちが数多く見られます。むだ毛の濃さや毛量の多さに深い悩みを抱えている人も増加してきています。

自己処理で脱毛するリスク

わきや手足、顔やVラインなど、さまざまな部分のむだ毛の処理をカミソリやシェーバーなどを用いて行っている人もいますが、自己処理を行うことによって肌を傷めてしまうこともあるのです。

そのような場合には、エステサロンや美容外科などの医療機関で脱毛を受けることが効果的です。

Vライン脱毛でストレスが軽減

さまざまな部分の中でも、Vラインは、水着や下着を着用する際に周囲の視線を気にすることがなくなりますので、余計なストレスを感じることなく過ごせます。

Vライン脱毛の衛生的なメリット

また、デリケートゾーンを常に清潔に保っておくことができますので、かぶれたり痒みを感じることがなくなり、衛生的にも大きなメリットがあるのです。

Vライン脱毛を行うことによって、むだ毛の心配もなくなりますので、自分に大きな自信を持つことができます。

Vライン脱毛が安い料金で受けられる時代

また、近年では、価格の安いお得な脱毛コースも数多く登場してきていますので、誰でも手軽に脱毛に挑戦することが可能になってきているのです。

お試し価格として安い値段で脱毛ができる店舗は、年々増加してきているのです。

Vライン脱毛をする時のお店の選び方

Vラインの自己処理方法

Vライン(ビキニライン)とは、前から見た時に見える部分のアンダーヘアーの事をいいます。

Vライン脱毛を自己処理で行うとき、カミソリを使うと肌が黒ずんだり、肌あれを起こしたりしますし、毛抜きなどは痛くて使えません。そのような場合は、電気シェーバーで処理するのが、一番簡単な方法です。

自己処理ではすぐに生えてきてしまう

しかし、この方法だとすぐに、毛は生えてきてしまいますし、毛の生えている部分に個人差もありますので、エステで処理をするのも賢い方法の一つです。

Vラインをエステ脱毛

Vラインとは、とてもデリケートな部分で、エステティシャンが女性であっても自分の下半身を見られるのは、とても恥ずかしいものです。

担当者が変わらないお店を選ぶ

明るいところで、下着をずらして照射を行いますし、この部分の脱毛はとても痛いので、信頼できるエステティシャンのいる店を選ぶことがまず大切です。

この部分の脱毛は約6回位なのですが、毎回施術担当の変わるような店は避けるべきでしょう。

Vライン脱毛のゴールを決めておく

次に大切なことは、どのあたりまで、施術をしてもらうか、事前に決めておく事です。

Vラインの奥にある性器周りがIラインで、店によっては広範囲VラインといってIラインと一緒に脱毛ができるコースがあり、この選び方も一つの方法です。

便利でお得なVIO脱毛コース

また、肛門部の脱毛もセットで行うVIOをセットで行うと恥ずかしい思いを一度ですませるので、このコースを使用するという選び方もあります。

初めてのVライン脱毛は不安でいっぱいになると思いますが、当サイトでは信頼の厚いおすすめのサロンを載せているので、安心して始められますよ。

信頼して通えるVライン脱毛でおすすめサロンで脱毛を始める

Vラインのクリーム脱毛は効果なし

Vラインのムダ毛は女性にとってはかなり気になりますよね。特にお店で脱毛するのは抵抗がある人が多いのではないでしょうか。

しかし、自分で抜いたり、剃ったり、除毛クリームを塗ったりするのはあまりよくありません。抜いたり剃ったりするのは肌を傷つけますし、除毛クリームのデリケートゾーンへの使用はかぶれの原因となります。

さらには、除毛クリームは産毛用のものですので、しっかりと生えたアンダーヘアーには効果なしです。そこでおすすめなのが、エステなどによる脱毛です。

エステサロンでVライン脱毛を受ける人は多い

もちろん病院などでもできる所はありますが、場所によっては先生が男性だったりしますのでVラインを見せる事には抵抗があるはずです。エステだと、女性のスタッフしかいませんので安心して受ける事が出来ます。

さらにはしっかりとアフターケアをしてくれますし、専用のスキンケア用品を使用しますので、とても安心です。エステで話を聞くと分かると思いますが、意外とVラインの脱毛を希望する女性は多いのです。

夏にプールや海に行く機会があると女性は水着を着るのでその辺りのムダ毛は特に気にします。光やレーザー等種類も様々ありますが、プロのスタッフの方が沢山の人を相手に毎日脱毛をしているので安全でしょう。

脱毛は効果なしだと思っていた人は一度話だけでも聞いてみると考え方がかわるかもしれません。

脱毛でケロイドになった場合の対処法

最近は、雑誌やインターネットなどで、脱毛施術を行っているエステティックサロンやクリニックの広告を目にすることが多くなってきました。

従来は、女性が行うことが多かった脱毛ですが、最近は男性でも体毛を処理する人が増えており、衛生面の観点からも合理的であることが広く知られるようになっています。

肌トラブルが起きた場合に備えて契約書をよく読んでおきましょう

しかし、エステティックサロンやクリニックで行われている施術は、毛根を焼いたり、毛包細胞を破壊する処置になりますので、肌にとっては刺激が強く、火傷や赤みが発生するケースがあります。ひどい場合であれば、ケロイド状になってしまうことがあり、このような場合は施術をとめざるを得なくなります。

ケロイド状になってしまった場合、エステティックサロンやクリニックでアフターケアをすることになりますが、この点については、施術を行う前の契約書に内容が記載されていることが多いため、あらかじめきちんと読んでおく必要があります。

肌が弱い人や肌の色が濃い人は特に注意すること!

また、肌が弱い人や肌の色が濃い人の場合、カウンセリングの段階でその旨を伝えておき、トラブルが発生した場合の処置方法などについても確認しておくことが重要です。

エステティックサロンやクリニックによっては、火傷や赤み、ケロイド状などになってしまった場合に無料でアフターケアを行ってくれるところがあります。

脱毛を行う場合は、施術中よりもその後のことの方が重要になりますので、インターネットの口コミなども参考にすることが大切です。

-未分類

Copyright© Vライン脱毛におすすめのサロンまとめ , 2017 AllRights Reserved.